2018年06月24日

誰を救出するか? ・・ That is the question !

ボート

二十年ほど前の映画「タイタニック」をテレビで見た、

あの時は映画館で見たので、迫力には大きな差があった、

それに今度はあらすじを知っているので、当然緊迫感にかける、

 

だが、船旅の経験があるし、

船の中での避難訓練も経験しているので、

あのボートに「我先にと」乗り込むシーンも、

実際に起きたら・・という想像とだぶらせ、

大いに感じ入るモノがあった、

 

当時 一緒に船旅をした豪州の友人に、

良く折に触れ、「もしも・・」と問いかけてみた、

 

すると豪州の友人は、即座に「あなたをボートに載せて・・」と、

そう言ったものだ、

言葉だけでなく、実際にもそうするであろう・・そんな人であった、

 

彼女は、名古屋の100m道路を横切る時でも、

近くにいる老人の手を、見知らぬ人でも、取って横切る人であった、

わが田舎町の彼女を知る人達は、

彼女を称して「神様のような人」そう呼んでいた、

 

船の総人数と、ボートの収容人数とは、

当時の船でも、限りがあり、

訓練の時、「どうするのだろう?!」そう思ったものだ、

 

再来年、それまで元気でいれば、船旅をして世界を巡る予定だが、

万が一にも似たようだ事件が起きても、

私はもう、悔いはないなあ、

 

私もメイビスに倣って、

「あなたをボートに載せて・・」と言うだろう。



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)人生 | 映画

2018年06月23日

将棋ソフト「ボナンザ」に勝った渡辺竜王

将棋

渡辺竜王対将棋ソフト「ボナンザ」との対局をみた、

リアルタイムでの中継で、

棋譜だけでなく、動画配信もされ、

対局の様子も見学でき、

渡辺竜王の表情や、ボナンザソフトの開発者の心の動きなど、

三流ドラマを見るよりも、ハラハラするところがあり、

大いに魅了させられた三時間余であった、

 

一秒で、二三百万もの局面を、どれがベストか読み取り、

指していくコンピュータと人間との、この対局、

 

大方の予想は、早い段階で渡辺竜王が圧勝するのでは?とおもわれたが、

なんとなんと・・・結構 竜王も苦しみ・・・

だが 最期には 人間の頭脳が優って 「参りました」、

 

すごいねえ、

コンピュータもここまで来たか・・と感慨も深かったが、

人間の頭脳も、さすが!・と思った、

 

小学生の頃、父とよく将棋をした、

といっても・・・父には王将の他に、金と銀と歩だけ、

それでも瞬く間に私の手が負の展開に・・、

まもなく、私の目から涙が出てきて・・・、

もう二度とやらない・・ときめていても、また翌日同じように、

駒を並べ ・・・  ・・・また涙を流し・・・

 

大山名人が十人ほどの棋士を座らせ、指していく・・

その結果で、段位をもらい、

そののち二段になった時には、よく自慢していた、

 

名人の対局を、後日何日もかけて、すべてを間違いなく進め、

この人はどういう頭をしているのか・・と、

不思議に思ったものだが、

それを思うと藤井翔太くんは、一年のうちに、

あれよあれよと思っているうち、四段から七段に!!

彼の頭はどうなっているんだろう?!

 

どこまで進んでいくのか・・大いに興味がある。



2018年06月22日

豪華列車「瑞風」から、鈍行列車・バスに変更 ?!

0002

残念!!! 落選!!
列車の旅「瑞風」を夢見ていたのに・・

それにしても30名だけの豪華な列車の旅に、

なんと3000人もの人が申し込んだとは!!

 

一番安い二人部屋が120万、一人部屋が70万、たった4日間で・・

なのに・・・なんとそんなにも多くの人が申し込んでいて・・・

 

日本はたしかに、「お金ジャブジャブ」時代に突入しているのかなあ?!

 

私にお金が有り余っているわけではなく、

もう歳だし、日本国内だし、列車だし・・・

そう思って申し込んだのに・・・抽選だということも後で知って・・・

 

列車の旅は英国、東欧、エジプト、インド、中国、

それに豪州縦断・横断、米国縦断・横断、シベリア・・etc.,

まあそれぞれ、いくつかの列車の旅を経験しているが、

自国の日本では、若い頃 周遊券を利用し・・・

北から南まで、何度も旅をしていた、

 

最近 新幹線を利用した旅が、いくつかあり、

それもいいなあ~と思っていた、

だって まだ「のぞみ」に乗ったことのない私だものねえ、

「こだま」専門で・・・

 

そこで一足飛びに、今度は日本を豪華列車で・・というのもいいなあ、

そう思っていたのだが・・・甘かったなあ、

日本ではこのような豪華列車はポピュラーなんだねえ、

 

残念ついでに、東北を 一週間列車・バスを利用して回ることにした、

二十歳のころ旅をしたままなので、

こんな旅もいいかなあ・・そう思った、

でもやはり・・・残念だったなあ。



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)旅行 | 乗り物

2018年06月21日

買い物のスタイルの変遷 ・・外商の役割

外商

先日 名古屋の三越デパートをなんとなくブラブラしていたら、

私のサイズではなかったが、気に入ったものが二点、

 

すると店員が早速、松坂屋のデパートへ電話をしてくれ、

「もう一つ大きいサイズがありました・・・」という、

 

そちらまで出かける時間もなかったし、

一緒に出掛けた人達は「もう疲れたあ~」といって、

帰りたい様子、

 

すると店員は「こちらへ取り寄せて、ご自宅まで・・」といい、

送料を出してくれれば送る・・とまで言う、

 

松坂屋なら外商で、少し安く買えるのだが、

あいにくこの日はコンサートにきていて、

松坂屋のカードを持ってきてはいなかった、

残念!!

 

すると店員が次の策を・・・お名前、電話番号を伺って・・・

あちらのデパートの外商に伝え、「お宅へ・・」という、

なんとまあ~、

 

昨今 たしかにデパートまで出かけ買い物する人が激減、

みなさん、テレビを見ながらショッピングするようで、

バーゲンの時期を除けば、混雑するほどの客がいない、

 

デパ地下の食品売り場はそこそこ盛況なのだが、

どこも外商が頑張っているのだろうか?!

だって・・我が家にまで外商が来るんですものねえ、

 

韓国ではファッションショーをすると、

携帯のネットでそれを見ていて、お気に入りがあれば、

すぐさま注文する・・という、

ショーが終われば、ほとんど売り切れだというから、驚きだ、

 

スーパーより少し高いが、コンビニへ若者が入るというのは、

やはり便利性だろうか?!

 

皆さん 横着くなったり、お忙しい生活なんでしょうねえ。



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)買い物 | 生活

2018年06月20日

映画「天才贋作画家」をみた ・・芸術は模倣から

贋作

久しぶりにテレビで映画を観た、

「The Forger」(邦題:天才贋作画家 最後のミッション)

久しぶりのジョン・トラヴォルタ主演で、

親子三大が挑む名画強奪計画、

ベタベタした情愛を描くわけでなく、

だが確かにしみじみ感じさせるなかなかの佳作であった、

 

贋作といえば、その昔 「永仁の壺」がある、

 

永仁の壺

これは「自らの技術の誇示を含め、

習作として古い作品を模倣し、

いわゆる「写し」として加藤唐九郎が作った瓶子である・・」と

ある人は言っているが、

こうした作品は過去も現在も、あらゆる芸術分野で行われていて、

「芸術は模倣から」と言う人もいる、

 

それもそうだが、画家の歴史を紐解いても、
XX派などと片づけられない部分がある、

徐々に画風が変わり、他の画家からも影響を受け、

次のxx派へと移行する、

印象派から後期印象派・・などといって・・・、

いわゆる「模倣」があり、広義に解釈すればそういうことになる、

 

従って、音楽、絵画など「前を歩いた人がいて」今がある、

そんな感じだと私は思う、

 

中村なんとか・・というノーベル賞を受賞した人だって、

一人でLEDを発見・発明したのではなく、

前任者の研究結果があって、初めてなせる業であって、

IT社会で研究している人達も、

「これをこう改良したら?」の積み重ねであろうと思う、

 

これをこう改良して・・の時点から、

全く新しいものに発想を飛ばせる人、この人は天才だと思う。

 

奇想天外な終わり方をしたこの映画は楽しかった。



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)映画 | 芸術・文化

2018年06月19日

IT社会の機器がすごい! 役に立っているが・・・

IMG_5624

買い物でデパートへ行く機会が少なくなった、

近くにコンビニが林立しているせいか?!

 

携帯もそうだ、

いまやパソコンと同じ、あるいはそれ以上に機能があり、

パソコンを開かなくとも処理できることが多くなった、

 

それどころか、持ち歩きながら、必要な瞬間に、

たちどころに携帯で検索できる、

 

町であった人と、急に会食の話になっても、

このあたりで「気の利いたお店」を探すのに、

知り合いは携帯を開き、たちどころに良いお店を探す、

手さばきもさることながら・・・その機能に驚く、

 

私はまだまだそこまでいかない、

第一キーが小さすぎて、検索には向かない、

急ぎの用事でなければ、家に帰るまで待ち、PCを立ち上げ、

大きな画面で、落ち着いて調べる、

 

私は小さなキーをたたくのに不自由を感じているので、

どうしても・・というお出かけには、「Bluetooth KeyBoard」を持って行く、

 

これは・・携帯の近くに備え、それに同調させて、打ち込む、

PCのキーと遜色がないほどの大きさで折りたためる、

 

昨今は Watch が登場、携帯の中の多くの機能が働く、

当然 私には見えない極小なので不向きだが、

だが 緊急の時は便利だ、

 

昨日の大阪北部で起きた地震の時でも、

車に取り付けたカメラが、まわりの揺れの状況を詳細にとらえ、

大いに報道に役に立っていた、

 

すごいねえ、

次は何が現れるのであろうか、

手首にチップをうめこみ、耳にはブルーツース・・もう

どこに隠れていても 探される時代だねえ。



2018年06月18日

認知症患者は暴力をふるってよいのか?

徘徊者

DVか虐待か?

 

スポーツ・ジムで聞いたSさんの話、

 

彼女が一昨日、ジムに来なかったので「どうしたの?」

すると彼女から、こんな話が聞かれた、

 

「認知症の夫が暴力を振るいだして・・・、物を投げだし・・

息子を呼んで止めてもらった・・病院へ連れていったら、背中に

息子が止めていた時、背中をたたき・・その痕がついていたので、

病院から警察へ電話、翌日市役所から『虐待』の扱いで事情聴取があり・・」

 

なんとまあ~、

 

二間しかない彼女は逃げ場がなく、物は飛んでくるし!!

仕方がないから息子が飛んできて、仲介に入り・・それなのに、

えぇっ?!  虐待?!

 

認知症の人には、決して乱暴を振るってはいけないのだとか・・・

じゃあ 正常な我々は・・黙ってみていて、被害に遭うだけ?!

 

そんなあ~!!

 

訳のわからない法律だねえ、

法律は「弱者の味方」、だったらこの場合は体に青あざが一杯できた人、

妻の方ではないの?

家族はこんな場合 どう対処すればいいの?

相手は認知症で、今何をしているのか、どうして腹をたて、

物を投げ始めたのか、わかっていないのだから・・・

 

困ったねえ、

 

それにしても、医師はどうして認知症の人の背に手痕がついたのか・・

理由を聞かないのかねえ ?!

 

その家族がどのような結論を出したのか・・・

「もう真夜中に徘徊をし始めても、探しに行かない」とか、

 

今度は、家族が保護していない、放置した・・と訴えられるのかなあ?!

困ったねえ。



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)人生 | 健康

2018年06月17日

先約を「ハカリ」にかけないでね。 キャンセルはダメ

yubikiri

先に約束したのに・・・

 

日本人はよく「約束」をキャンセルする、

先にしたのに・・後で「美味しい話」がきたり、

そちらの方が自分にとってお得感があったり、

はたまた「上司」であったり・・

 

でも外国では、「先」の話が「決定」であって、

それがひっくり返るということは、めったにない、

ありうることは、家で何かが起こり・・急を要するときくらいだ、

 

まあ ランチに行こう・・という軽い約束ならよいが、

その一人が欠けると、都合が悪くなったり、

金銭的にも他の人に迷惑がかかることもある、

 

以前 私が言いだしっぺで、「旅を企画」した、

宿も飛行機便もすべてフリーランスで、自分でやっていた、

すると、出発近くになって「急に・・」とキャンセルが・・、

 

飛行機はただキャンセルするだけだが、

部屋割りでは相手の要ること、

急にその人は個室になる・・すると当然部屋代が高くなる、

迷惑な話だ、

 

家に何人か呼んで「食事を一緒に」と言う時がある、

しかも、それぞれ「なにがしかを持ちより・・」という食事会、

すると・・突然 一人が欠ける、

やむを得ない理由ならいた仕方がないが・・そうでない場合も・・

 

すると、「持ち寄りの品」が欠ける、

まあ 大抵は多く持ってくるので、十分足りるが、

それでも、メインのものが欠けたりすると・・大慌てだ、

 

まあ、とにかく、一度約束したら,
「先約」で「決定」としたいものだ。



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)友人・隣人 | 日常

2018年06月16日

肉食人は長生きか?

steak

久しぶりに「いきなりステーキ」へ行った、

相変わらずの賑わい、

お昼時を外していったのだが、

行列はおよそ20人ほど・・・

 

肉の部位をいい、焼き加減を言い、そして容量をいい・・・

だから・・一人の注文を受けるのにも時間がかかる、

 

幸い「シニア」のメンバーになっているので、

行列のトップで受け付けてもらえる、

おまけに今日は誕生日の特権利用であったから、

安く食事ができた、

 

それにしても昨今、老いも若きも肉食人が増えた、

やはり・・・ジャングルの肉食獣をまねて、

(草食獣のギナギナ100年を避けるべく)

死に行くまで元気でいて・・・その時が来たら、

PPKと逝きたいのか・・・とにかく肉食人が多くなった、

 

九州や沖縄では豚肉をよく使う、

ブラジルでは鶏肉、だが私は牛肉が好き、

 

頸動脈狭窄をしてから、あまり「黒毛和牛」は食べていなく、

なるべく「赤い肉」を選ぶようにしている、

 

今日も「いきなりステーキ」で、脂身の多い方か、それとも・・・と、

好みの部位を聞かれて、「赤い肉」と即答したが、

きけば、最近の若い女子も、アンガスの赤い肉を選ぶとか・・・、

 

やっぱり世は「健康志向」のようだ、

 

先日も久しぶりにカレーを作ったが、

使った肉は「牛」にした、

二日ほど煮て・・よくなじんだ三日目くらいになると食べ頃、

口の中でとろける肉の感じが何とも言えない感じだ、

料理ベタの私が、唯一 まあまあに作れる料理だ、

 

葉っぱ類ばかり食べて・・ギナギナ生きるのでなく、

肉を食べ、力づよく・・・逝くときは潔く・・

そうありたい。



natto93 at 00:05|PermalinkComments(0)グルメ | 健康

2018年06月15日

トランプは「ゲーム」だよね?!

nobel二人は

異端者の二人が、「即興・茶番劇」を演じた、

この二人の一挙手一投足からイロイロが見え隠れする、

 

互いに過去の経験を使い、どのように相手を利用できるか・・・

ビジネスマンのトランプと、兄弟をも殺し首長に君臨する金ロケットくん、

まあ ・・この変わり種でしかできなかった党首会談、

 

「お金がないから・・」とシンガポールに払わせ、

だったら・・ICBMの一つでも土産に持ってこればいいものを・・、

それを受ける側もどうかと思うが、

きっと何か自国が得するところもあったんだろうね、

 

はじめっから、共同声明はスカスカで、中身がないであろうことは、

始める前から全世界の人は想像していた、

だから、実況ニュースなぞ、関心はなかった、

そんなことだろう・・あの程度の文面だろう・・

そう始める前から分かっていたのに・・・

 

政治って、なんなんであろうか?

 

国民の生活を犠牲にして開発した核実験、

それを廃棄することなんて、ありえない、

徐々に・・でも「ありえない」、

どこかに隠し、完成したから・・昔の手法、

つまり「何かくれ!」、「制裁を一切中止」をまた始め、

それをしないのなら・・と脅す、

 

出来上がった手法、やり慣れた手法、

優位に立ってほくそ笑む金ボクチャン、

巨体で赤毛のトランプくんも、そのカードを読めていたはずなのに、

終わってみたら、手の中にババだけ残って!!

 

あ~あ、あそこまでして、ノーベル賞がほしいのかねえ、

今年、平和賞選出委員が汚職して、

「来年度の平和賞は無し」・・とすれば、おもしろいのにね。