2017年11月23日

人生、これ塞翁が馬 ・・花は見られなかったが・・

IMG_4393

遠方より友人が来ているし、

時期も時期だし・・・と、四季桜を見に小原まで・・、

 

ところが情報では「まだ」のはずであったが、

すっかり色のない山肌、これでは駐車場に入る意味なし、

そう決めて、たちどころにUターン、

ここまで来たのなら、小渡の知り合いのところへ寄ろう、

 

そこは以前、市内でスナックをしており、

毎週一度は顔を出していたところ・・、

経営主が体調を壊し、田舎へ引っ越してからも、

「春の野草・・山歩き」を名目に、

毎年でかけていき、季節の野草のてんぷらをそこでいただき、

帰りしなには、いくつか花鉢をいただき、

親交を続けてきたが、・・・  ・・・

 

数年たって・・その間隔が広がり、今回 縁あって、

四季桜がみられず、その代り この家に立ち寄ることに・・

 

元気で良かった、久しぶりに会えてよかった、

縁は異なもので知りあったスナックのマスターとママだけれど、

細々と交流が続き・・年賀状も行き来し・・・

また こうして会えることに・・・、

 

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」の時代になり、

こうした飲み屋はすたれる一方となったが、

つながる「絆」は、こんな風にでも続いていく、

 

昨今 賀状もメールに替わられている、

段々 情が交わされる場所が、無機質なものに、

とってかわられ・・・ 損得勘定ばかりが先立ち、

「損して得を取る」昔風の「アソビ」がなくなってきているが、

車でも「あそび」がいる、人生でもそうだ、

 

余裕を持って、アソビを生かしながら、

残りの人生を生きたいものだ、ギスギスしないで・・・。

IMG_4386



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)人生 | エッセイ

2017年11月22日

言葉は生きている ・・広辞苑新版

広辞苑

清少納言も嘆いているかも・・・

「最近の若者の言葉が乱れて・・」よくわからん、

 

地域性もあり、年齢によっても大いに異なる、

職業によっても、わかりづらい専門用語、

難しいねえ、

 

やっとのことで、スマホに慣れてきた姉に孫が、

「おばあちゃん、コピペして!」 姉 ?! ?!

 

大切だから「テンキしておく」と言う友人、

「今日はマエドリがあって忙しい」という友人、

私 ?! ?!

 

お隣さんが買い物に・・今 ホンメグにいるけど、

何か要るモノあるって聞かれ、 姉 ?! ?!

どこだって? ああ メグリア・本店のこと?・・と姉、

 

?! ?! ?! 若者の言葉だって?!

「ディする」って?!  何とまあ~!

 

それなのに・・・おとしぶたのことを言われ、若者 ?! ?!

 

英語・米語にも似たような言葉がある、

I’m pooped. と書かれたTシャツを着た女性を見て、

英人が驚いたが、米人はさほど驚きを見せなかった、

 

stuffed は英語と米語の違いというより、隠語にもつかわれ、

ちょっと気をつけたい語でもある、

 

ミスドなどは、関東と関西で分かれるそうだが、

ユニバも同じように地域で分かれるそうだ、

 

昔なら怒られたであろう語も、小さい「い」の入る場所で、

大いに意味合いが変わる「じじぃ」と「じぃじ」、

そういえば「Thank YOU.」とYOUを強めれば、

場合によっては諧謔的だもんねえ。



2017年11月21日

膝痛は筋肉をつけよう ・・湿布では治らない

膝痛

「プロテオグリカンが効い?」

 

こんなに世の中には、サプリが氾濫しているのに、

なんと膝や腰の痛みを訴える高齢者が多いことか、

 

他人(ひと)のことだと思っていたのが、

このところ、私の膝に違和感が・・・・、

 

先日知り合いと草取りをして、その夜から痛みだした、

立ったり、座ったり・・と何十回も繰り返していて、その結果か、

兎に角、座った状態から立ち上がるのが、苦痛!!

やっと立ち上がり、左膝がしらを「ポンポン」とたたき、

立ち上がり・・・やっと! それから歩き始める、

 

いったん立ち上がれば、歩いている時に痛みは全然ない、

どれだけ歩いても・・・痛まない、

 

「整形(医)に行ったら?」と言う人もいるが、

レントゲンを撮り、「痛み止めと貼り薬を・・」と処方してくれるだけ、

「加齢と肥満」と診断して・・、

 

昨今の医師は「何科であれ・・」いうことは同じ、

「加齢」という、次に「肥満」

年寄りの愚痴かもしれないが・・・

 

スポーツ・ジムの先輩がこう言った、

「歳をとり、膝・腰の痛みを補うのは、筋肉だよ、

  筋力をつけないとねえ・・・」

 

そんなわけで、私は相変わらずジムでの筋トレに励む、

そのお陰かわからないが、現在この体重で、

何とかこの程度の膝の痛みなら・・・やはり常日頃の筋トレの成果、

嫌がらずに続けないとねえ、

 

とりあえず、まだ海外へ出かけたいのなら、

自分でスーツケースを運べるように・・・ね。



natto93 at 19:52|PermalinkComments(0)人生 | 健康

2017年11月20日

多すぎる高齢者への投薬 ・・ お腹がふくれるほど!

多すぎる薬




忙しい週末、外は雨、

家の中の掃除には、ある意味もってこいの天気、

 

一人は雨戸の戸車を直し、軽く開閉できるように、

あと二人は・・・私の意向を聴きもしないで、

これは「要るか?」「捨ててよいか?」判断していく、

値段は関係なく、期限が切れているかどうか・・・

 

「薬」の段になって・・突然 慎重になった、

薬が夥しく残っている、

 

私は42日間分、すなわち6週間分処方してもらうが、

旅行に出たり、お出かけすると・・ついつい飲むのを忘れる、

すると・・当然予定日が来ても、薬は残る、

 

友人は、「残っている薬」を医師に伝え、もらわないように・・と言う、

そう私に勧めるが、ついつい・・また全部もらってきてしまう、

 

夥しく残っている薬、

こうして日本中の高齢者が、薬漬けになり、

無駄に処方され・・・使われない薬が医療関係者を太らせる、

 

誰もが知っている痛み止めの湿布、

整形医は、加齢と肥満で痛みを訴える老人たちを、

なすすべもなく「鎮痛剤」と「湿布」で慰める、

完治は遅々として進まず・・・そんなことは気にしない、

 

医師にとっては、すぐに治らない患者は「顧客で神様」、

 

まいど、あり~っ、

また来てね・・・というわけで、古くなった湿布はゴミとなり、

今回の私の薬同様、

ゴミとなって・・・廃棄される、ゴミとなる薬のNo.1、

 

医療費が高くなるはずだねえ。



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)時事ニュース | 健康

2017年11月19日

人間はいくつになっても、「いい恰好」していたい・・

整頓

姉がいつになく掃除をした、

・・・というより、お勝手の食卓の上や流しの上を、

見違えるほどきれいに片づけた、

 

今までがあまりに汚く、横のものも縦にもせず、

上に置いたその上にまた何かを置き、

重なり合って・・どこに何があるのか?! だが・・

自分はわかっているから、片づけなくていい・・という、

 

ところが、急に東京から客人が来るというので、

それも嫁と孫なのに!! 

汚ければ嫁が片づけるであろうし・・またその為にいるのだし・・、

 

だがその嫁たちにいい顔がしたいようで、・・ あ~あ、

 

そういえば、週に一度ヘルパーさんが姉のところへ来る、

お風呂を掃除したり、雑巾がけや・・掃除機をかけたり・・

 

それなのに、出かけてくる前に、姉はコタツのテーブルの上を片づけたり、

あちこち・・散らかしているのを、

彼女なりにきれいに整頓している、なんとまあ~!

 

その為に来るのにねえ・・、

 

そう思って呆れていたが、私もしてしまった、

土曜日に県外からの友人もふくめ、掃除を手伝ってくれる人、

家の中の不具合を直してくれる人、ほか

そう言った人が来るのに、「これ以上呆れられては!・・」と案じ、

流し台の上や、テーブルの上を少し整頓、

ちょっと見だけでも「こぎれい」にしておいた、

 

やっぱり、いい恰好をしたいんだねえ、

もう十分馬鹿にされているけれど、これ以上、

呆れられてもいけない・・そう思った、

 

人はやっぱり「いい恰好」していたいんだ、歳をとってもねえ。



2017年11月18日

支えたり、支えられたり ・・決して一人ではない

人

朋 遠方より来る・・・また楽しからずや、

 

あいにく寒波が日本を覆い、突然コートがいることに、

こんな中、助っ人が我が家に来て、

暮れの掃除や、まだ気になっていて直してもらい所、

雨戸の戸車や、先日買ったカーテンのしわ取り、

できれば・・フロアにワックス掛け・・・も、

 

どうやら、家の中の仕事なので、寒くてもなんとか・・・

おまけにお正月に合わせて、空いている鉢に、

お花その他を植えてくれる親切な人も・・・

これで家の主がいなくても、お正月が迎えられそう・・

よかったあ~、

 

以前 海外から帰ったら、美しく植えられた鉢が出迎えてくれた、

「誰かが・・・花鉢を・・」と感動したものだが、

なんとも心憎い演出だ・・とそう思って、胸が熱くなった、

 

ある年、海外から帰り・・疲れた体で、

やっと自分の車のある駐車場までたどり着いたとき、

買い物袋に野菜や肉などが入っており、

私が「帰ってきても、すぐには買い物に行けないだろう」と案じてか、

簡単に料理ができるように、食材がミラーにかけられてあったのだ、

 

心憎いほど、私の帰国時の体調を知っている人で、

「もう何もしないで寝てしまおうか」と思っていたところだ、

おかげさまで、一人前のすき焼きができ、思わずニンマリ!!

 

人はどうして、こんなに人に気を配れるのだろう?!

よほど、私は頼りなく映るんだろうね?!

放っておくと、「餓死するのでは?!」と、

周りの人は、私を頼りのない人間だと、

そう思っているのだかも・・?!

 

ありがたいことだ、皆さんに生かされています、感謝!



natto93 at 00:00|PermalinkComments(0)人生 | 友人・隣人

2017年11月17日

地球を歩く ・・地表は面白い

チバニアン地層

日本の地名が初めて使われる?!

「チバニアン」?!

 

地質学で約77万~126000年前の時代が、

「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通し、

地質年代に初めて日本の地名が使われることに・・、

 

地質年代は、その年代の境界が最もよく分かる地層、

それが世界の基準地として選ばれる・・というが、

今回もイタリアと競っていたが、

地場逆転の現象を示すデータが不十分だったとか、

 
たとえば、大型恐竜が繁栄していたジュラ紀、
これは約2130万〜約 14500万年前のことで、
フランス〜スイスに広がる「ジュラ山脈」、
この時代の地層が発達していることから名付けられたという、
面白いねえ、

化石発掘では、福井県が有名だが、
そう言えば・・地球ができて46億年だもんねえ、
それも計算上確認された岩石から確認されたものだとか、
それをどうやって確認したものか・・またまた関心が広がるが・・

私が十分自分が「古い」と思っているのに、
この話になると超・古すぎて、
ある人は「理論と実験、比較と類推を集約し、
断定によって、すべてを理解しようとする人間の妥協点」と、
そういっているが、そうなんだろうねえ、

それにしても「チバニアン」、おもしろいねえ、
市原市田淵の養老川沿いにある地層、見て見たい!
だって・・・「更新世」と呼ばれるのは、前期と後期の境目で、
地球の磁場、N極とS極が最後に逆転した重要な節目なんだって!



2017年11月16日

水は大切! バスタオル、毎日洗う?

laundry hoist



「えぇっ?! 毎日洗わないの?」と驚嘆の声、

何の話からか、ジムの洗面所で、バスタオルの話が出て、

私が毎日は洗わない・・というと、そこにいたジム仲間が、

へえぇ~っ、私は毎日洗うよ・・という、

 

私の子供の頃は、バスタオルなどという洒落たものはなく、

手拭いで体を洗い、その手拭いで拭いて出て、次の人も、

何の違和感もなく、またそのタオルを使った、

豪州でも、英国でも、各自が使ったバスタオルは、

浴室か自分の部屋に置き、翌朝外の物干しざおで乾かした、

 

毎日洗うなどとせず、また翌日も自分のタオルを使った、

英国では そんなに水を使うと、

どこかで誰かが見ている!! 行政から電話がかかるよ、ホント!

 

豪州でも、庭の水やりにも週のXX日・・と制限があり、

シャワーなどは、浴室に「4分の砂時計」が掛けられていた、

 

島国で、海に囲まれ、水の大切さをあまり考えずに育った日本人、

ホームステイ・プログラムで交換学生ででかける日本人は、

海外では一番不人気だ、

「朝シャンに30分なんて信じられない!!」

「もう日本人はこりごり・・」そんな声をよく聴く、

 

私の豪州の友人は、お皿を洗った水までもバケツにため、

庭の花などに水やりをしていた、

 

2020年には、日本でオリンピックが開催され、

世界から多くの人が日本を訪れるであろうが、

まず 間違いなく彼らはウォシュレットのトイレに驚き、

感歎し、写真を撮るであろう、

 

豪州の友人は、何年も日本にいたが、

ついぞ ウォシュレットを使わなかった、

水の問題ではなく、 immune system (免疫力)が落ちるから・・と、


兎に角、「水は大切」。



2017年11月15日

長寿の祝い ・・長生きは祝うことか?と超・高齢者は言う

長寿の祝い



ここ二週、続けて祝いの宴を設けた、

先週は「還暦」そして今週は「古希」祝い、

 

その昔、歳をとるのは大晦日であって、旧暦を使った、

私の子供の頃でも、旧暦と新暦で、

「旧暦ではxx歳」などと言っていた、

 

いわゆる、お年越しをして、歳をとっていたのだ、

毎年、干支が思い起こされるが、来年は犬、つまり戌、

生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになったとか・・

 

中国の詩人、杜甫曰く「人生七十古来稀なり」に由来し、

還暦より本格的な長寿の祝いと考えられているようだ、

だが、昨今 寿命が大幅に伸びており、

どの地区でも 長寿を祝う会を、75歳とか80歳以上とし始めた、

 

長寿の祝いは、「喜寿」が77歳、「傘寿」は80歳、「米寿」は88歳、

そして卒寿は90歳だが、

これらは文字遊びのようだ、

 

「喜」は草書体で七と十七に分けられ、「傘」は八十に見えるし、

「米」は八十八、「卒」は九十、

 

ただ99歳を祝うのは「白寿」というが、

「白」の文字が、百の頭の棒を引くと白になるから・・

 

なんとも、当てこすりのような祝いの言葉だらけだが、

当時はここまでくる長寿者はごく少なく、
七十が「稀」であったのだから・・、


昨今では、百歳以上が日本には7万人弱、

20年後にはその6倍以上になるという、

 

もう長寿だといって祝うこともなさそうだね、

何にも楽しいことはないし、

楽しくできる体がついてこないし・・ね。



natto93 at 08:21|PermalinkComments(0)人生 | 健康

2017年11月14日

出かける前は超・多忙 ・・旅行もいいがその前がタイヘン

IMG_0926

久しぶりに長期の旅に出る、

亡祖母が晩年寝込んでいて、「あいさつ」に行くと、

枕元にある袋からゴソゴソと財布を探し、

「お前に餞別を」とお金をくれようとした、

いいよと言っても、「お前は行くと長いから・・」

そう言って差し出した、なんと500円!

もうその頃は金銭感覚が少しぼけていて、

多分彼女にとっては5000円くらいくれた気持ちであったであろう、

 

12月・1月とスポーツジムを休みとして・・・

その前にしないといけないことがある、

軽く大掃除の真似事、年賀状を書き・・・薬をもらって・・・

郵便の不在届を出し・・・えぇ~っと・・

 

その昔、私が23カ月いない時には、姉が知り合いと我が家に来て、

よく冷蔵庫内の賞味期限切れを廃棄していた、

 

私の悪い癖だが、いつも買いすぎる、

一人住まいなのに、冷蔵庫が多すぎる、

今は2つと冷凍庫一台、それでも入り切らなく買いすぎるので、

当然 奥の品が期限切れになる、

そのことを忘れ、買ってあることすら忘れ・・品はドンドン古くなる、

 

それを姉と知り合いが、価格に関係なく、希少価値のあることに関係なく、

ドンドン捨てていく、おそらくウン十万はあるであろう、

帰ってきて冷蔵庫内を観ると、WOW! すっかりカラ!

風邪を引きそうなくらい・・中で走り回れそうなくらい・・

すっかり片づいており、

その後の数日間で、半分ほど一杯になるほどまた買い出しする、

 

結局 古いものと新しいものが交代しただけ・・となるが、

 

最近では 姉自身が廃棄されそうな存在なので、

もう誰も我が家に立ち入らないであろうが・・


でも 出かける前に少し 整理整頓をして行こう!